ブランクのある薬剤師さんと思えない神対応!

病院にかかり、薬が出るときは処方箋をもって調剤薬局に行くことになります。
そこで薬剤師さんから薬を受け取る流れです。
つい最近、調剤薬局で薬を処方してもらったのですが、5年位前と薬剤師さんの役割自体が変わってきているととても感じました。

以前は調剤薬局に処方箋を持っていくと薬剤師さんが薬を持ってきて、薬の効果や服用にあたっての注意点などを説明し、会計をするだけでした。
なんの問題もありませんし、この流れが調剤薬局で処方してもらう普通の流れだと思います。
ですが、つい最近行った調剤薬局では薬を持ってきてくれ、説明を受ける前に薬剤師さんが「今回はどのような症状で病院にかかられたんですか?」と聞いてきました。
そのほかに「普段どのように生活されていますか?」や「その症状以外に気になることはありますか?」など聞かれ、まるで薬剤師さんにも診察をしてもらっているような感覚でした。私以外の人も「その後経過はどうですか?」と聞かれていました。
一通り答えた後に薬の説明をしてもらい会計の時に「どうして症状などを聞いたんですか?」と尋ねてみました。
すると、「理由はいろいろありますが、一番は患者さんの状態を把握し、親身になって体のことを考えられるようになることですね。私たちはこの薬でだいたいどのような症状がありかわかりますが、話をすることでその患者さんが薬に関して聞きやすくなったりすると思います。それともう一点、その薬が正しく処方されているものか再確認するためもあります。まったく関係のな薬が処方されていてはいけませんし、患者さんから症状を聞きこの処方が正しいものなのかを再チェックしています。」と回答をいただきました。
話を聞くとこの薬剤師さん。最近子育てが一段落終わり、数年のブランクを空けて薬剤師として復帰したとお聞きしました。
⇒⇒薬剤師求人ブランク.com
ブランクがあるとは思えない、素晴らしい対応でした!

また、こういった再チェックを行うことで処方してもらった薬が効かないなどのミスも減ると思いました。
以前の調剤薬局ではありえないことで、とても驚きました。

薬剤師さんの診察があることで、もう一度症状を説明したりすることが面倒だと感じる人もいるかもしれませんが、私は必要なことだと思いました。